テレビ人的ニュース論評 長谷川豊の思うこと -1月4週目号-

Vol.93
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                              2014.01.20
==============================================

           【フリーアナウンサーの長谷川豊の公式ブロマガ】
                    【週刊ハセスポ!】

==============================================

**********************-本日のラインナップ-**********************

・【ご挨拶】
・【テレビ人的ニュース論評】
・【動画のシェア】
・【先週の注目の一言のコーナー】
・【質問コーナー】

************************************************************
【日テレさんの芦田愛菜ちゃんのドラマについて】

皆さん、この話題、少しはご存知だと思います。
日テレさんでドラマがあったんですよね。その中で注目の一つと言われていたのが野島伸司さんが脚本を手がけて、主演が芦田愛菜ちゃんの「明日ママがいない」というドラマ。まぁ野島さんらしいドロドロの、やりすぎの、いつも通りの野島さんドラマって感じの作りです。

で、そのドラマにかみついたのが熊本の慈恵医大病院。この病院、ご存じのように「赤ちゃんを育てるのが困難なお母さん」が赤ちゃんを預ける、いわゆる「赤ちゃんポスト」で有名な病院です。今回のドラマはその設定舞台となってるわけですね。で、芦田愛菜ちゃんがそこに預けられて「ポスト」というあだ名で呼ばれるという…。ね?野島さんらしいでしょ?

このドラマについての問題点をこの慈恵医大病院は訴えていて、
1、芦田愛菜ちゃん演じる赤ちゃんポストに預けられた子供が「ポスト」と呼ばれるなど、動員に預けられた子供の「精神的な虐待、人権侵害にあたる」こと
2、養護施設の描き方が、「職員が子どもに暴言を吐き、泣くことを強要するなど現実と懸け離れたシーンが多すぎ、誤解や偏見、差別を与える」
の2点において、あまりにも納得が出来ないということで、BPOに対し放送中止を要請した訳です。

これに対し、日テレさんは
「最終話まで見てほしい」
と跳ね返し、取りあえずの収束を図る様相となっています。さて、この問題、僕の私見を書きたいと思います。

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?