【2013・6・26号】一音一音を出していきましょう。

毎週水曜日は長谷川アナのおしゃべり講座です。

◆ご挨拶では、びっくりする目覚まし時計について。必ず朝、起きられる商品です!

◆「おしゃべり講座Vol,3」では、短音(単音)の練習の仕方と発声の方法です。お父さん方、お腹、へっこむかも。

「どうですか?肩は動いていませんか?お腹を押し込む感じでやってみましょう。一気に腹筋に緊張感を持たせます。そして、ぐっ!!と押し込ませます。これが、僕たちプロの発している状態の「あ」です。この音の連続で、僕たちはマイク乗りのいい、聞き取りやすい、と言われる発声をしているのです。この状態で腹筋を使う訓練をするためには、10回連続でこの発声をしてみるのが手っ取り早い練習法です。」(本文より抜粋)

◆「大嘘だらけのしゃべり解説」のコーナーでは、「プレゼン」にまつわるウソです。普通の方なら信じちゃいそうなそれっぽい言葉。あなたはその言葉を信じちゃっていないですか?

「僕なら、どう考えてもB社にする。みなさんはしゃべりが達者ですってだけで、A社にします?これは後々、プレゼンに関するトピックスのところで詳しく解説しますが、プレゼンって、ただのおしゃべりとは違います。下手をすれば、うますぎる喋りは「イヤミ」につながったり「口が上手いだけ」と言う印象を持たれる時も多々あります。皆さんの中で、「お前はおどおどしてて、プレゼンが下手だ」とか「もっとしっかりしゃべれ」と言われている人がいたら、気にしなくていいです。間違いなく、そのままで大丈夫。」(本文より抜粋)

◆そして、今回は質問にもお答えしています。きわどい、有料ならではの質問です。

「僕なんかは、どーせ、そんな女の子たち、ある程度になったら金持ちの男捕まえて辞めちゃうんだから、契約社員にすればいいのにって思っちゃいますけどね(笑)。ま、とにかく、質問にお答えすると、テレビ局のお金のやりくりが厳しくなってきたので、加速度的にタレント女子アナが増えると思いますが、どうか、あきらめてください(笑)。多分、この流れは止まらないと思います。そして、それは長い目で見て、テレビ局が自分で自分の首を絞めている行為だと思っています。」(本文より抜粋)
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?