【2013.10.09号】僕がフジテレビ入社試験で行った自己プレゼンについて

毎週水曜日は長谷川アナのおしゃべり講座です!

◆長谷川アナの 【おしゃべり講座】Vol.18



◆僕がフジテレビ入社試験で行った自己プレゼンについて <最終回>


「フジテレビの入社試験、3日目からは「アナウンスセミナー」が行われます。
アナウンサーの訓練をする、と見せかけて、普段の行いや友人との接し方を見ているそうですフジテレビのアナウンサー人がとても性格が良くて、みんなが仲がいいのはそう言う事が関わっているのかな、とも思います。
さて、そんな途中の話は僕の出版した本の中に書いているので、はしょります。問題はその時の僕の立居振舞の方。

まず、アナウンサー講習の時、僕たちの相手をするのは現役のアナウンサーたちでした(と思ってた。実際は人事の人間がずっと後ろに控えてたけど)。なので、ここは…
「初い奴作戦」
が一番効果的であろうと考えました。
アナウンサー、はい。とても華やかな職業です。僕は今でもそう思います。でも、何度もこのおしゃべり講座で話しているように、アナウンサーって言っても実は結構地味な訓練もしてますし、テレビ局の中では、日陰の存在だったりします。そこで分析開始です。この目の前にいるアナウンサーたちは…」(本文より抜粋)


◆「本日のピックアップクエスチョン」のコーナー


Q、元SMAPの森さんについて

Q、冷たい分析力を持った長谷川さん、恋愛中に奥さまのことはどんな風に分析されたのでしょうか?

Q、原発の是非、またそれについての報道や、ネットに溢れる情報について、長谷川さんはどうお考えになりますか?

「僕、原発がどうのこうのと言うより、そもそも、放射線の報道について、かなり懐疑的な見方をしている人間です。
ええ。極左とかどうとか言うんじゃなくて、日本人お得意の「気になったポイントだけ超エキセントリック反応」ではないかと思ってるところ、あるんですね。
狂牛病と言われた例のBSE騒動の話をして、講演会では解説しましたよね?はい。世界では笑いものになっていた話。WHOが安全だって言ってるのに、その話を聞きもしないで、牛肉、全面輸入禁止にして…。日本人の誰が、WHOよりも異常性ブイヨンに対して知識があるんだよってね。そんなの関係なし。日本人ですから。気になったポイントは徹底的に気にする。そばにごみが落ちてたとしても、トイレの便座の裏側の汚れが気になったら、必死になって、そこをきれいにするタイプの人たちです。
見ないだろ、んな場所ってね。先にゴミ、捨てろよ、みたいな。」(本文より抜粋)


もちろん、質問も受け付けます!
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?