【2013.9.25号】僕がフジテレビ入社試験で行った自己プレゼンについて

毎週水曜日は長谷川アナのおしゃべり講座です!

◆長谷川アナの 【おしゃべり講座】Vol.16

◆僕がフジテレビ入社試験で行った自己プレゼンについて <2>

「フジテレビの入社試験。第1次試験。
これは学生1人対面接官2人で行われる、かなり機械的な面接となります。ほとんどの局で同じような状態です。ま、いわゆる「ふるい落とし」ってやつですね。
ええと、解説しときますと、アナウンサーの採用試験なんて、正直な話、1分で大体のところまでは絞り込めるんです。
え?そんなアホなって?
いえいえ、ホントです。アナウンサーの試験を受けに来てる人、はっきり言って申し訳ないけど、ほとんどが冷やかしみたいなもんなんです。アナウンサー試験って、僕の時は結構早い時期に試験があったんです。今は知らないけど。確か…1月14日に始まりましたね。大学3年生の。で、終わったのが7日、だいたい連続でやって…21日だったと記憶しています。そう。僕、大学3年生の1月21日にはフジテレビに内定してます。1年2か月、遊びまくりました。」(本文より抜粋)

「ちなみに、女子アナの試験も同じね。ブサイクが受かっとるなーって思ったら、よく聞いたら「昔、タレントやってました」ってね。「ミス○○でした」ってね。これが「ブランド」です。見る目ゼロのアホテレビマンたちが採るんです。そういった肩書だけの使い物にならないダメ女子アナを。
加藤綾子だタレントやってたかっての。高島彩がタレント事務所に所属してたかっての。そんなところに学生時代から所属してるだけで、十分、人間的にけっこうイタイ人なんじゃないか…なんてのは言い過ぎですけど、本当に光り輝いてる人なんて、それだけで十分満足してますし、わざわざタレントなんかしてませんって。で、本当に光り輝いてる人は

高校時代にはスカウトされて、とっくに芸能人になってます。」(本文より抜粋)


◆「本日のピックアップクエスチョン」のコーナー

Q,軽部さんと笠井さんは他の番組に出ないの?

Q,メルマガやアメブロは本にならないの?

Q,コメント欄で会話したりするのってどう?

Q,改変期の特番って必要なの?


もちろん、質問も受け付けます!
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?