【2013.9.11号】プレゼンの準備⑤+IOCの日本人のプレゼンを分析しましょう

毎週水曜日は長谷川アナのおしゃべり講座です!

◆長谷川アナの 【おしゃべり講座】Vol.14

◆プレゼンの準備⑤

「ここまで来た段階で、恐らくあなたは自分の持ち駒と相手の状態を分析できていると仮定します。
では、そろそろ、「どんな順番でお話をするのか」を組み立てていく作業に入ります。
ここで大事なのは多くの本で書いてある「結論から先に述べよ」という

大嘘

を信じない事です。
ん?なんでしょう?ほとんどすべての本に書いてある?ええ。書いてますね。「結論から話し始めないとダラダラして、何が言いたいか分かりません」的な。

アホか、と。

サスペンス映画で、犯人から先に見せて、ちゃんと引っ張れるのって、刑事コロンボくらいです。先に結末見せて、その後展開していくのって

僕らプロでも難しいわ!(たまにやるけど)

そんなの、ウソです。そう言った巷で出回ってるウソを信じ込んで、やっちゃうんです。つまらないプレゼンを。で、終わった後、「なんで上手くいかなかったんだろうねー」なんてお茶しながらグデグデ反省会をするんです。」(本文より抜粋)


◆「本日のピックアップクエスチョン」のコーナー

Q,2ちゃんねるってIPアドレス、見られましたっけ?

Q,レギュラーっていくらくらいもらえるんですか?

Q,クリステルさんのプレゼン、どうお感じになりましたか?

「ははは、そうですね。クリス、大変なことになってますね~。まぁ、もともと話題になりやすい子ではあるんですが、あれだけの大舞台。本当に立派でしたし、素晴らしいスピーチでしたよね。しかし、さすがぽちさん、いい所をつついてきますね。これは答えがいのある質問です。

第一印象としては…相変わらず、可愛くていいなー、IOCの公用語のフランス語でやったのもすごいなーって。まぁ、あの子、英語もペラペラですからあの場所なら、同時通訳があるとはいえ、英語でもよかった気もしますけどね。で、内容ですが、まぁ、内容的には、日本受けする話ではありますよね。象徴というか。日本人が喜ぶパターンのプレゼンでした。

あ、どういうことかというと、日本人って、日本の安全性とかおもてなしとか、そういった日本文化を大事にしてますし、人から褒めてほしいんですね。なので、あのクリスの話は日本人に、最も受ける話だった気がします。さすがクリス(笑)。あんな顔して関西人だけある♪日本を分かってますね。
ただ、どうでしょう…あのプレゼン…多分、日本人には一番受けてたでしょうけれど…どうかなぁ…僕の中の感覚では…多分、委員会をいちばん動かした可能性があるプレゼンって言ったら…

猪瀬さんじゃないかな、と感じます」(本文より抜粋)


もちろん、質問も受け付けます!
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?