【2013・7・01号】もう少し政治について語りましょう


長谷川豊アナのメールマガジン!  7月1日号のラインナップは…?

◆長谷川豊の思う事

「参院選間近 ~日本の政治シーンについて~ -2-」

今回は質問に答える形で話を勧めます。民主党についてどう思うか?また、小沢さんについては?現場を取材し続けてきた長谷川アナならではの政治に対する目線が満載です。

「民主党についてですね。はい。これはゆず子さんはどのようにお感じですか?はっきり言って、僕は全く期待もしていませんし、今後も変わることはないだろうと思っています。すさまじかったのが先日報じられた自称「反省会」。やめときゃいいのにねって。あんな内容なのなら。気持ちいいほど、反省の意思がないのね。なんでこんなに国民がそっぽ向いたかまだ分からないらしい。あの人たち。僕ならバラエティー番組調にあえて生放送してやりたかったですけどね。寸劇でも混ぜながら。

僕ね、2009年のころ、本当に毎日のように政治ニュースを担当していまして、2009年の衆院選の時なんて、各政党のマニフェストが出そろった段階で、毎日、夜寝る前にほぼ全部読んでから寝てました。皆さんにニュースとして報じる以上、ちゃんと理解してないとダメだと思ったからですね。
あんな苦労、するんじゃなかった、と思います。あれだけ無視してくれるんなら。ってか、普通に金銭の流れだってあるんだし、詐欺行為で逮捕されるべきなんじゃないか?あのマニフェストとかいう嘘つき雑誌。あれによって、何人の優秀な政治家を目指す候補が落選したか?

やる気がないなら最初から書いちゃダメだし、やれないまでも最後まで、全力でやる姿勢だけでも見せてほしかったもんです。あそこまで開き直って、小沢さん批判とかして、人のせいにするなら、じゃあ、あの時の民主党マニフェストで当選した議員、全員、辞めてほしいって思っちゃいます。だって、約束して議員になったんだから。それとも、議員に一度なったら、こっちのもんってか?政治パフォーマンス集団、嘘つき民主党、と名乗った方がずっとしっくりくる。」(本文より抜粋)

◆長谷川豊のピックアップニュース

■ブログ炎上の県議が死亡 「死ねばいい」とネットで書いた人の責任は?

「でも、考えていただきたいんですが、マスコミって言ったって、所詮、株式会社ですよ?この話はまたおいおい、しっかりとしようと思ってますが、マスコミも何も、そもそも、株式会社ですからね?テレビ局も新聞社も。そりゃ、儲け追求しなきゃいけないわけで、って言う事は、視聴率が取れるなら、やらなきゃいけないですしね。

今回のケースは後味の悪い結末になったからもめてるだけで、矢口さんの騒動なんて、矢口さん、いつ自殺したって、不思議じゃない叩き方、してませんでした?皆さん、見たでしょ?話題にしたでしょ?そんなもんですよ?視聴率の取れる放送なんて。僕はマスコミの内部にいた人間なので、遠慮せずに言いますが、日本人は好きです。マスコミによる、集団リンチは。

正直言いましょうよ。叩きのめしてるところ、皆さん、見ちゃうでしょ?
マスゴミが!なんて書き込みもあるようですが、冗談じゃない。ネットの書き込みの方がよっぽど、すさまじかったです。それも、「ひどいなー」って言いながら、見てるんだと思うんですね。
…」(本文より抜粋)


もちろん、質問も受け付けます。
メルマガラストにあるアドレスからどしどしお送りください!
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?